ネット回線をわかりやすく比較!

光回線ナビ

ドコモ光

ドコモ光の解約方法!解約金などかかるの?注意点を解説

更新日:

ドコモ光 解約

「ドコモ光に加入したものの、思っていたほど良かったと感じない・・・」

このような事もあるかもしれません。

または引っ越しなどで他の光回線に乗り換える場合には、ドコモ光を解約しないとなりません。

しかし、解約すると付き物なのが解約金(違約金)ですよね。

解約金は金額が高かったりするので、絶対に支払いたくない!と思う方も多いはず。

できれば無駄なお金は支払いたくないものです。

このページでは、ドコモ光の解約方法と解約金が発生するのかという事を紹介してみたいと思います。

 

ドコモ光の解約方法

ドコモ光 解約

ドコモ光の解約方法は、お電話かドコモショップでお手続きする2通りの方法があります。

お電話の場合は、「ドコモ インフォメーションセンター」に午前9時から午後8時までに連絡して手続きを行います。

ドコモショップでの手続きは、以下に記載する必要なものを揃えて来店しましょう。

 

ドコモの携帯電話とペア回線の場合

ドコモの携帯電話とペア回線で契約している場合は、あらかじめ事前に設定しているネットワーク暗証番号を用意しておきましょう。

これが契約内容を確認するための方法となります。(本人確認)

ネットワーク暗証番号はドコモの携帯電話を契約した際に決めた4桁の数字ですので、必ず解約前に確認しておきましょう。

解約時には、特に身分証明書は必要ありません。ネットワーク暗証番号だけ準備しておきましょう。

 

ドコモ光のみ契約している場合

ドコモ携帯とのペア回線などない場合で、ドコモ光のみ契約しており解約する場合にはネットワーク暗証番号は必要ありません。

この場合は、契約ID(お客さまID)で本人確認ができますので、ドコモ光から発行されている書面で契約IDを確認しておきましょう。

契約ID(お客さまID)は、「開通のご案内」や「請求書」で確認する事が可能です。

 

プロバイダーに解約の連絡をする

ドコモ光を解約してもプロバイダーには別で連絡をする必要があります。

プロバイダーは自動で解約されると勘違いしている方もいるのですが、されませんので注意が必要です。

ドコモ光のプランには、プロバイダ契約がセットになったタイプA、タイプBと別途プロバイダを契約する単独タイプがあります。

特に単独タイプは別途でプロバイダー契約や料金支払などを行っているので、解約時にも注意する必要がありますね。

タイプAやタイプBであっても、ドコモ光を解約する際にはあらかじめプロバイダーに連絡をして解約したい旨を伝えておくとスムーズに解約ができます。

 

解約金について

ドコモ光 解約金

ドコモ光を解約する際には、解約金が必要になってしまうのか?

これはかなり気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論から行ってしまうとドコモ光には解約金はあります!

ドコモ光の契約には「2年縛り」の契約と「通常」の契約があります。

2年縛りすなわち2年定期契約で加入している場合は、2年間利用するというのを条件に毎月の月額料金が安くなっています。

そのため、2年定期契約の場合は解約金(違約金)がかかってしまいます。

通常の契約の場合には、解約金は支払う必要がありません。

 

ドコモ光の解約金

ホームタイプ(戸建て) マンションタイプ
13,000円 8,000円

解約金はこの図のようになります。

戸建ての方が高く13,000円も解約金がかかってしまいます。マンションタイプだと8,000円です。

2年以内に解約してしまう場合には解約金がかかってしまうという事を覚えておきたいですね。

さらに解約を申し出ない限りは自動更新となるので、解約時には気をつけないとなりません。

 

解約金を払わないためには?

2年定期契約だけど解約時に解約金は支払いたくないと思うのは当然です。

では、解約金を支払わないためにはどうすれば良いのかを紹介します。

解約金を支払わずにドコモ光を解約するには、2年間利用し更新月の翌月または翌々月に解約をする事が条件となります。

更新月を逃してしまうと、また自動更新されてしまうので更新月をしっかりと覚えておくことが重要になります。

契約した日が例えば2017年6月6日であれば、2019年7月と8月が契約更新月の翌月と翌々月です。

この月に解約すれば解約金を請求されることはないので、覚えておきたいですね!

 

工事費用の残債はどうなる?

ドコモ光 工事費用

ドコモ光を契約した際には工事費用がかかってしまいます。キャンペーンなどで無料になったりする場合以外には必ず工事費用が必要です。

戸建てとマンションで金額は違います。

この工事費用を分割で払っている方も多いはずです。

解約する際に残債が残っている場合は、もちろん残った分を支払わなければなりません。

ここで注意しなくてはならないのは、今まで分割で支払っていた工事費用ですが解約してしまった場合には翌月に一括で残債を請求されます。

それなりの金額になってしまう可能性もあるので、あらかじめ残債を確認しておくほうが翌月に驚くことが無くなります。

 

まとめ

今回はドコモ光の解約について、解約方法と解約金について主にまとめてみました。

光回線を実際に利用してみて、やっぱり解約してみたくなったりすることもあると思います。

不満を感じてしまうと、どうしても変更したいという気持ちになる場合があります。

ドコモ光の速度に不満をもつ場合もありますが、その場合はそもそもドコモ光に原因があるというよりも、プロバイダーに原因があるかもしれません。

>>ドコモ光の速度は本当に遅い?プロバイダーによって速度は違う!

 

プロバイダーの契約内容を見直すというのも解約の前に一度は考えておきたいですね。

関東の方であればNURO光に乗り換えると速度がかなり速くなる場合もあるので、解約や乗り換えも含めて検討してみるのがおすすめです。

>>NURO 光にお申し込みでPS4プレゼント!

-ドコモ光

Copyright© 光回線ナビ , 2020 All Rights Reserved.