ネット回線をわかりやすく比較!

光回線ナビ

フレッツ光

フレッツ光の速度が遅くなってきている!理由や評判、対策方法を徹底解説!

投稿日:

フレッツ光 速度 遅い

最近契約しているフレッツ光の速度が遅く感じる。

このような意見はよく聞きます。高速が売りの光回線がなぜこんなに遅いのだろうと考えてしまいますよね。

でもフレッツ光は契約にもよりますが、最大1Gbpsの回線速度の光回線です。

それなのに、実際に速度を測ってみると1Mbpsも出ていない・・・というような事が多いです。

 

なぜ、このような事になるのか?その理由や評判、そして対策方法を解説していきます。

 

フレッツ光の速度について

フレッツ光については、かなり遅いという評判が多いです。

既に契約している方にとっては、迷惑に感じてしまうかもしれませんが最近では相当遅くなってきています。

光回線で1Mbpsを切ってしまっています。

最近はスマホの4G電波でも30Mbps以上出たりするので、相当遅いですね。

 

フレッツ光 隼はスーパーハイスピードタイプの回線で最大1Gbpsの回線速度なのですが、実際には夜間だと数Mbps程度しか出ていない模様ですね。

 

凄く分かります(笑)

1Mbpsを切ると昔のインターネットのように画像が一度に開かなくて、徐々に開いていったりします。これ凄く嫌なんですよね・・・

夜間の動画や大量の画像を開くなどは、全然使い物にならないという経験をしている方は多いのではないでしょうか。

 

動画どころかAmazonすら読み込みが遅いというのはつらいですね・・・

光回線の意味、確かに考えちゃいます。

 

このようにフレッツ光の回線速度についての評判を見てみると、かなり遅いというものが多かったです。

スマホの電波よりも遅いというものも多く、これでは光回線の意味って?ってなっちゃいますよね。

逆に回線速度が速いという方もいました。ただ、全般的にかなり回線速度が落ちてきているような印象を受けます。

以前は、かなり快適に使えていた記憶もありますが、最近はどうも変わってきているようです。

では、何が回線速度が遅くなってしまっている理由なのでしょうか?

 

なぜフレッツ光の回線速度が遅くなっているの?

フレッツ光 速度

フレッツ光の回線速度が遅くなる原因は、ずばり混雑です。

ユーザーが増えれば増えるほど、1つの道(光回線を道と例えると)を通る人が増えます。

1本の道を10人が通っているのと、1000人が通っているのでは当然スピードも変わってきますよね、その分混雑している訳ですので。

 

特に夜間は多くの方が自宅でPCや、スマホ、タブレット、またはネットTVなどを利用します。

その分混雑するのは当たり前で、回線に負荷がかかってしまっているわけです。

 

プロバイダによって回線速度が違う

フレッツ光の回線速度が遅くなっているといっても、実際には光回線側だけが原因であることは稀です。

ほとんどの場合は、プロバイダが原因であることが多く、会員数が多く同時に接続している人が多いようなプロバイダは一般的に遅いです。

大手のプロバイダがどうしても回線速度が遅いと評判が悪くなっているのは、このような事が理由です。

特に夜間はタイマーでもあるのかというくらい、一定の時間になると回線速度が落ちてしまう傾向にあります。

では、大手でなければ良いのか?という事になりますが、小さなプロバイダや料金が激安なプロバイダは設備が貧弱だったりするので、やはり口コミや評判を参考にしながらい決めなければなりません。

 

プロバイダがボトルネックになっているという事は一つの理由として覚えておきたいですね!

 

マンションと戸建てではそもそも速度が違うこともある

戸建てタイプの場合は、基本的に速いタイプの契約をしていることが一般的ですが、マンションタイプで速度が出ないと思っている方もいるでしょう。

この場合は、光回線やプロバイダの問題以前にVDSLが原因という場合もあります。

VDSLについては下記の記事で詳しく解説しています。

>>VDSLってなに?マンションならではの配線方式!速度が遅い時に速くする方法も紹介!

 

VDSL接続方式を採用しているマンションではそもそもの契約が、最大100Mbpsなのでそれ以上の回線速度が出ることはありません。

とはいっても、50Mbps程度は普通に出るので4K動画なども楽々見れますし、ちゃんと速度が出ていれば何も問題はありません。

マンション側の機器に依存する事なので、これを光配線方式という最大1Gbps出るものに変更しようというのは、個人の決定ではできません。

マンション側がVDSLから光配線に切り替えてくれれば良いのですが、工事費もかかりますし可能性は少ないと言えるでしょう。

 

つまりマンションの場合は、最初から回線速度の上限が低く設定されている場合もあるという事を覚えておきましょう。

じゃあ、マンションだったらプロバイダや光回線の種類は関係なのかというと、それは違います。

当然100Mbpsという上限はありますが、それ以上にプロバイダなどの要因で回線速度が出なかったりします。

最大速度を重視するよりも安定して、いつも最低でも数十Mbps程度出ることが重要なのです。

 

速度が遅い場合の対策方法

ここまでフレッツ光の回線速度が遅くなる理由や原因を書いてみました。

では、フレッツ光を既に契約している場合は、どのように対策すれば良いのでしょうか?

方法は何種類かるので、ここから紹介してみようと思います。

 

IPv6に変更する

現在のプロバイダや光回線などの環境を変えずに一番手っ取り早く回線速度を改善できる方法がIPv6の利用です。

IPv6での接続を行えば、かなり回線速度が速くなる可能性があります。

しかし、契約しているプロバイダによってはオプション対応になったり、機器を交換しないといけない場合もあるので、インターネットに疎い方だと少しハードルが高いかもしれません。

気になる場合は、ご契約のプロバイダに連絡してIPv6での接続を行いたいという旨を伝えるのが良いでしょう。

 

プロバイダを変える

もっと根本的に変えたいという場合は、プロバイダを変更するのもおすすめです。

ただし、現状ではフレッツ光自体がかなり混雑している状態なのでプロバイダだけを乗り換えたけど、何も改善しないという可能性もあります。

プロバイダは大抵の場合は、2年縛り、3年縛りの契約なので途中で解約してしまうと違約金が発生する場合もあります。

 

プロバイダの変更自体は、それほど難しいわけではありません。

乗り換えたいプロバイダに申し込みし利用できるようになってから、既存のプロバイダに解約の連絡をします。

簡単にできるのですが、慎重に行うようにしましょう。

 

光回線を乗り換える

絶対に今の環境だと駄目!絶対に速い光回線じゃないと困る!という方もいるでしょう。

その場合はIPv6とかプロバイダの変更というだけでは満足ができないかもしれません。

 

そうなるともう光回線自体を乗り換える必要があります。フレッツ光を使っていても改善の期待ができない場合は絶対に乗り換えするべきです。

現状フレッツ光から乗り換える候補として、圧倒的におすすめなのがauひかりです。

エリアが広く、フレッツ光の次に普及しています。

しかし、まだまだ会員数が少ないので回線速度が安定しています。

NURO光もかなりおすすめですが、関東、東海、関西しかエリアがないのでauひかりよりは選択肢が狭くなります。

もちろん関東、東海、関西に在住の方はNURO光を検討してみることをおすすめします。

 

他の県などに在住の方でフレッツ光に不満が有る方は、最近ではauひかりに乗り換えする方が多いです。

>>NURO光とauひかりを比較!料金、回線速度、口コミなど全て比べてみた!

 

まとめ

このページでは、フレッツ光の速度について詳しく解説してきました。

フレッツ光の回線速度に関しては、利用者が急増した事もあり随分と落ちています。

最近では光コラボの関係もあり、ドコモ光をドコモの窓口でスマホとセットで契約する方も増え、フレッツ光の回線を圧迫したという現実もあります。

ドコモ光の設備やプロバイダは、基本的にはフレッツ光と共通なので利用者が増えてしまうとどうしても回線速度に影響してきます。

 

このような影響を受けたくないと考えると乗り換えして、快適にインターネットを使うというのが最も良い方法ですね!

>>フレッツ光のおすすめプロバイダを紹介!速度や料金、口コミから総合的に判断!

-フレッツ光

Copyright© 光回線ナビ , 2019 All Rights Reserved.