ネット回線をわかりやすく比較!

光回線ナビ

光回線全般

光回線とは?安定して速度の速いインターネット回線について知ろう!

投稿日:

光回線とは

最近では自宅でのインターネットと言えば、光回線というのが随分と一般化してきました。

でも、そもそも光回線ってどのようなものなのでしょうか?

なんとなく光と名前についているから速そう。とイメージはするものの、いまいち分からないという方は多いのではないでしょうか。

 

なぜ各家庭が光回線を引いて、インターネット利用をしているかも気になりますよね。

というわけで、このページでは光回線について詳しく解説してみようと思います。

今後、光回線を引いて自宅で高速のインターネットを楽しみたいという方も知っておく事をおすすめします。

 

光回線とは?

光回線とは光ファイバーケーブルを利用して、インターネットを利用するブロードバンドです。

ブロードバンドとは従来のISDNやダイアルアップ接続などよりも、より高速な通信を可能にした回線などの事を指します。

このブロードバンドには光回線の他にADSLなども含んでいます。

 

光回線はNTTが全国に張り巡らせたもので、まだ完全に普及しているわけではありませんが都市部や市街地ではほぼ利用できると言っても良いでしょう。

既存の電話回線を使ったインターネット網とは、まったく別のケーブルを利用して通信をしているのが光回線というわけですね。なので、山奥などでは光回線が利用できないというのは結構ある話しです。

 

光回線では大容量のデータを送受信でき、NTTの受信局からの距離に関わらず速度が落ちないのでADSLよりもより便利になりました。

ADSLではNTTの受信局からの距離によって通信の品質が違うので(遠いほど悪い)、各家庭で通信の品質のバラつきが大きくなっていたのです。

 

光回線は安定して速度が出る

光回線の最大のメリットとして通信速度が非常に速いという事があげられます。

現在では最大1Gbps(NURO光は2Gbps)という驚くほど速い通信速度です。

もちろん、常にそれだけの通信速度が出るという訳ではありませんが理論上は最大でそこまで出ますよという事になっています。

 

スマホは電波を利用しますが、光回線は物理的に光ファイバーケーブルを引っ張ってきているので安定もしていますし、速度もスマホなどの電波よりも一般的に速くなります。

最近ではスマホの電波も随分と速くなりましたが、まだまだ光回線が優位な状況と言えますね。

常に有線で接続されているという安心感が光回線の強みです。

また自宅に長い時間いる方にとっては、通信容量を気にせずに高速のインターネットをずっと使えるというのが光回線の大きなメリットです。

 

光回線には工事が必要

光回線 工事

光回線には必ず接続するための工事が必要となります。

マンションタイプの場合は既にマンションの共用部分まで光ケーブルが来ていたり、または各戸まで光回線が引かれていますので、それほど面倒な工事があるわけではありません。

工事業者が来て、すぐに接続の設定を行えば済むというレベルの工事です。

 

一方、戸建ての場合は電柱から光ファイバーケーブルを屋内に引き込むことが必要となるため、大掛かりな工事になることもあります。

電柱からの距離が遠ければ遠いほど、大変になるという傾向があります。

とはいっても、一般的にそれほど時間がかかるという訳でもなく1時間程度から長くとも数時間もあれば完了します。

室内のどこに光回線を引き込むかが決まりさえすれば、工事はスムーズに業者の方が行ってくれます。

 

工事と言っても一度だけですので、立ち会いは必要ですが本人が難しいようならご家族が立ち会う事も可能です。

それほど難しいことではないので安心してくださいね。(全部工事の人がばっちりとやってくれます)

 

光回線にデメリットはあるの?

特に光回線にデメリットは感じませんが、強いて言うなら持ち運びができない事です。

有線で各家庭まで接続している性質上、持ち運びしてインターネットを利用できるという訳ではありません。

頻繁に自宅外でPCなどを使って作業するという方にとっては、光回線を持ち運びしたい気持ちになるかもしれませんが、その場合はポケットWiFiなどを別途契約するのが良いでしょう。

 

あくまで光回線は自宅でのインターネットに利用します。自宅で大量のデータを送受信する、動画やゲームを長時間楽しむという使い方に最も適しているのが光回線です。

デメリットと捉えるかそうでないかは、利用する方のライフスタイルにも関係してくるとも言えます。

メリット、デメリットを考えた時に光回線は圧倒的にメリットの方が大きい通信手段ですね!

 

光回線の種類

光回線を提供する業者は以前はNTTのみでしたが、現在では数社が参入しています。

 

フレッツ光

NTTがサービスを提供している光回線です。

もっとも普及しており、以前は光回線といえば誰もがフレッツ光に加入していました。

昨今では混雑し、通信速度が遅くなってきているという声が多いので他社の光回線に乗り換える方も増えてきています。

 

光コラボ

フレッツ光系のサービスですが、プロバイダと光回線が一本化されて手続きなどが簡単になったのが、光コラボです。

基本的にはフレッツ光の回線を利用しているので、フレッツ光からの移行(転用)が簡単です。

各社それぞれのメリット、デメリットなどがあるので契約する際は注意も必要です。

 

auひかり

KDDIが提供している光回線です。

後発なので加入者数がフレッツ光よりも少なく、通信速度が安定して速いという事も人気の理由です。

フレッツ光から乗り換えをする方もかなり多いのがauひかりです。

 

auスマホを使っている方は、スマホの月額料金が割引されるauスマートバリューもあるのでチェックしておきたい光回線ですね。

>>auスマートバリューとは?スマホ料金が安くなったりと得する事ばかり!

>>auひかり徹底解説!エリアや速度、料金まで全部くわしく紹介!

 

NURO光

最も高速なインターネット回線としてめきめきと加入者数を増やしているのがNURO光です。

関東圏でだけサービスを提供していましたが、東海、関西エリアでもサービスを開始!

今後、エリアがもっと広がっていけば人気が増していく光回線なのは間違いないでしょう。

>>NURO光の料金や評判、キャンペーンについて詳しく解説!

 

まとめ

このページでは光回線とは?という事について解説してきました。

自宅でインターネットを楽しむためには、光回線を利用するのが良いという事も分かっていただけたかと思います。

特に現代では大きなデータ容量(動画など)をインターネットで利用するので、安定して使える光回線の存在は必須です。

スマホだけの契約だとどうしても不便に感じますが、有線の光回線を引くことでインターネットの可能性は無限大に広がっていきますね!

>>自宅でインターネットをする方法と選び方!光回線、ADSL、ポケットWiFiどれがおすすめ?

-光回線全般

Copyright© 光回線ナビ , 2020 All Rights Reserved.