ネット回線をわかりやすく比較!

光回線ナビ

NURO光

NURO光の工事について解説!遅いという噂や賃貸などの場合の対処方など

投稿日:

nuro光工事

 

NURO光を契約する時に気になるのは、工事についてです。

 

早くインターネット回線を引きたいという気持ちが有っても、ある程度工事費などの事について知っておく方が良いでしょう。

実際に、工事を行う日までの流れなども分かっていると安心してNURO光に申し込むことができます。

 

このページではNURO光の工事についてまとめてみますので、NURO光に申込みを考えている方は参考にしてみてください。

 

NURO光の工事について

まず最初にNURO光で始めて固定回線(光回線)を引く場合、このような流れになります。

 

  1. NURO光に申し込みをする
  2. 申込みが可能かどうか判定が有る
  3. 工事(屋内)
  4. 工事(屋外)

 

このような流れになります。

NURO光の工事では、まず屋内の工事、そして屋外の工事と2回の工事があるという事を知っておかないといけません。

 

NURO光の工事の内容

NURO光だけに限らず、光回線の工事では屋外側の工事と、屋内側の工事が必要になります。

屋内、屋外ともに契約する方が立会をする必要が有ります。

 

それぞれNURO光と、NTTの方が来て工事を行ってくれます。

では、まずは屋内工事について解説していきます。

 

屋内工事(宅内工事)について

最初に屋内工事です。

屋内工事の日程は、NURO光に申し込む際に決めることができます。

 

工事当日はNURO指定の工事業者が訪れ、工事を行います。

この際に契約者の方が立ち会う必要があります。

 

屋内工事の内容

NURO光 工事

屋内工事の内容は、屋外に電線から光ファイバーを引き込む前にまず室内にONU(モデムとルーター)を設置します。

室内にONUにつなぐ為のコンセント(光コンセント)を設置し、家の外に光キャビネットを設置するようになります。

 

上の画像が、外壁に光キャビネットを取りつけた様子です。

光キャビネットを取り付ける際には、外壁にビス留めを行います。数カ所のビス留めが必要です。非常に小さなビスなので、大きな穴は開きません。

 

ビス留め以外にも、光ケーブルを室内に引き込む必要があります。

エアコンがある場合にはエアコンのダクトを利用して引き込み、電話線があれば既存の配管を利用、そして全くの新規であれば外壁に数ミリの穴を開ける必要があります。

これも小さな穴ではありますが、光ファイバーを引き込むためには絶対に必要になります。

 

賃貸の場合はもちろん家主や不動産会社への確認をしないとなりません。持ち家であれば、特に問題はありませんね。

先に必ずNURO光を申し込みするので、外壁にビス留めする必要があるという事を伝えておきましょう。承諾をもらえれば契約しても大丈夫ですね!

 

NURO光 室内 工事

室内側はこのように光コンセントが取り付けられるようになります。

光アウトレットは電話線など既存の配管から引き込んだ場合に、光ローレットはエアコンダクトや新規穴開けの場合に取り付けられます。

 

ここまでの作業は大抵1時間~2時間程度です。

それほど大掛かりな工事ではないので、騒音などの心配もありません。

 

NURO光 ONU

工事は光コードをONUに接続したら完了です。

 

このNURO光のONUは、無線Lanルーターも兼ねています。いわゆる無線Wi-Fiを利用できるものですね。

NURO光の良い点は、最初から無線が利用できるという点です。

 

無料で貸してもらえるものですので、より性能が良いものが使いたい時には11ac対応の最新機種を別途自分で用意する事をおすすめします。

2017年現在では11acに対応したONUも有るようなので、あらかじめ希望してみるのも良いですね!やっぱりWi-Fiは速いほうが良いです。

有線での接続には、何も違いはないのでその点は安心してくださいね。

 

これ屋内の工事は完了です。

次に屋外の工事があります。室内工事が完了した日から、およそ10日以上開けてから、屋外工事があります。

状況により、もう少し長くなる場合もあります。

 

屋外工事について

屋外工事はNURO光ではなく、NTT指定の工事業者の方が工事をやりに来てくれます。

 

屋外工事の際も立ち会いが必要になります。屋根やベランダなどに作業員の方が登る場合もあるので、一応ですが作業を見ておくと良いかもしれません。

工事自体は基本的には1時間程度で完了します。住宅の状況によっては、もう少しかかってしまう場合も有ります。

 

電柱から光ケーブルを引き込む工事を行います。引き込んだケーブルは、屋内工事の際に取り付けた光キャビネットに接続します。

これで工事は完了です。

 

工事が遅いという噂は?

NURO光の工事が遅いという意見がちらほら有ります。

これは主に屋内工事と屋外工事の間が長くて、待ちきれなくなるという事でしょうね。

 

1回目の工事(屋内工事)については、申込時にわかりますのでそれほど遅いとは感じないはずです。

しかし、2回目の工事日はNURO光ではなく、NTTの担当となるので調整に時間がかかる場合もあります。

 

10日間程度の場合もあれば、長いときでは1ヶ月程度かかってしまう事も有るようです。

だからといって、キャンセルをしたり他の回線を考えるという事は完全に間違いです。

 

結局、余計遅くなってしまうので待つほうが良いです。

この工事の期間の状況というのは、地域にもよるので何とも言えずなるべく期間の余裕を持ってNURO光に申し込みをしておくというのが一番の対策です。

 

賃貸物件の際に注意すること

NURO光だけではなく光回線全般に言えることですが、賃貸物件に住んでいる場合は契約をする前に注意しておかないといけない事があります。

 

それはNURO光を契約して、回線を引きたいということを事前に建物のオーナーに説明しておく事です。

建物に穴を開けることもあるので、他人の持ち物ですので絶対に内緒でやるというのはいけません。

このような事前の根回しが無ければ、あとでトラブルになる場合もあります。もしかすると原状復帰などで余計な費用を取られることになるかもしれません。

その場合は勝手に穴を開けているので、どう考えても借主側の責任となります。

絶対に、NURO光の契約前に建物オーナーの承諾を取っておきましょうね!

 

また、オーナーさんがNURO光の回線を引くことに否定的な場合もあり得ます。

かなりこのようなケースは稀ですが、年配の方などだと建物に穴を開けるのが嫌だとか、インターネット回線自体に理解がない場合もあります。

この場合は仕方ないですが、Wimaxやソフトバンクエアーのように物理的に建物に穴を開けない回線を利用するしかありません。

Wi-Fi対応の機器であれば有線接続しなくても良いので、インターネットを利用することは可能です。

 

まとめ

このページではNURO光の工事について解説してきました。

基本的に工事は2回に分けて行われるという事を覚えておいていただけると幸いです。

 

工事の遅れがある場合もあるNURO光ですが、一度開通してしまえば非常に快適です。

今までにないほどの高速な通信速度でインターネットを楽しめるようになります。

>>NURO光の速度って実際どうなの?どのくらい出るのか紹介!

 

もちろんスムーズに工事が終わる場合もありますので、一度ご自分の居住地域がNURO光の対応エリアか確認してみるのが良いですね!

>>NURO光のエリア確認方法を紹介!エリア外の場合はどうすれば良い?

-NURO光

Copyright© 光回線ナビ , 2020 All Rights Reserved.